JJCLIP26 子供の熱さましの薬はアセトアミノフェンが一番なの?

更新日時 2017/08/01 23:34:33

薬剤師のジャーナルクラブ第26回

こどもにはAAP?

photo credit: Ovais_92 365 Days Project, Day 8 via photopin (license)

 

子供の熱さましの薬はアセトアミノフェンが一番なの?

今回は常識を疑ってみるシリーズですかね、わたしも小児の処方せんを多く受け付けますが熱さまし=アセトアミノフェンです。
あ〜そういえばアセトアミノフェンは別名でパラセタモールともいいます、知ってたほうがカッコいいですよ。
それではシナリオです。


あなたはとある街のドラッグストアに勤務する薬剤師です.
年始の忙しさもちょうど落ち着いてきた1月末, とある男性がお店を訪ねてきました.
「幼稚園に通う5歳の娘がまた熱っぽいんだ. これって以前小児科を受診させた時にもらった薬を飲ませた方がいいのかな?それともまた受診して、別の薬をもらった方がいいのかな?早く元気になってほしいんだよねぇ…」

 

[男性の情報]
いつも当薬局で日用品の買い物から本人、ご家族の処方箋調剤も受け付けている常連さん
奥さまと共働きで, 今日は自分が娘さんの幼稚園のお迎え当番

 

[娘さんの情報]
特に喘息などの現病はなし
二週間前に近隣の小児科から解熱剤としてカロナールRが屯用処方され, 現在も残薬が数回分あるとのこと

 

あなたは, 小児の解熱薬でカロナールR以外にも妥当なものがあるかどうか調べたところ,
ちょうどお目当ての論文を見つけることができたので, その場で早速読んでみることにしました.

 

【JJCLIP】子供の熱さましの薬はアセトアミノフェンが一番なの? | hidex公式ブログ『はぐれ薬剤師のココロ』より引用

ふむふむ、なかなか残薬が残っていたとしても薬剤師の判断のみでそれで様子見て下さいねは言いづらいとこですが…
疑問を定式化していきましょう。

 

P 5歳の発熱患児に

 

E アセトアミノフェンの投与

 

C 他の解熱剤

 

O 解熱効果に差はあるか

 

こんな感じですかね。
そもそも体温自体、どこまで臨床症状を的確に表しているのか怪しいみたいなんですよね…
それではお題論文です。
Paracetamol plus ibuprofen for the treatment of fever in children (PITCH): randomised controlled trial. - PubMed - NCBI

 

内容を要約していきます。

P どんな人に

 

 

E どんな介入を

 

 

C 何と比較して

 

 

O どんな項目で評価

 

 

T 試験デザイン等

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
スポンサードリンク

【コメントの投稿の仕方について】
  このサイトでは、「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っています。
  ツイッターやフェイスブックなどにアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールでコメントすることが出来ます。
  なんのアカウントもない人もメールアドレスさえ入力すればコメントできます。
  (入力したメアドはコメント投稿には表示されません。)
  また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。

ひと言コメントや、記事の質問や感想など お気軽にお書きください。
  なにか書いていただけると管理人が嬉しがります。