JJCLIP29 メニエル病は薬でどこまで治せるの?

更新日時 2017/08/01 23:46:22

薬剤師のジャーナルクラブ第29回

JJCLIP29 メニエル病は薬でどこまで治せるの?

photo credit: miiick Round round round via photopin (license)

 

メニエル病は薬でどこまで治せるの?

今回はメニエール病についてですね、メニエルなんだか、メニエールなんだかは分かりませんが…
ただ耳鼻科の処方せんを受ける身からすると、メニエール病って知名度ほど患者さんはいないと思います。
病名はよく知られているが、そうそう出会わない疾患だと思っています。
それではシナリオです。


 

あなたは, とある街の薬局の常勤薬剤師です.
1日の業務を終えて, 退勤しようとタイムカードを押そうとしたら,
今月から働き始めたばかりの新人薬剤師さんから声をかけられました.
いつもと違って, ちょっと元気がない様子の彼は, 次のような質問をしました.

 

「今日, メニエル病の患者さんにメリスロンRのことについて説明をしていたら, 患者さんからこんなこと言われちゃったんです.

 

“あのね薬剤師さん, この薬がどうやって効くとか, なんとなく言いたいことはわかるんだけれど,
私が知りたいのは,

 

[この薬で病気が治る可能性がどれくらいか]

 

なんだよね. そっちを教えて欲しいんだけど…”って.

 

薬の効き方は国試でもしっかり勉強したけれど,
患者さんが欲しい情報って, それだけじゃないんですよね.
そもそもこういう視点がなかった自分が情けないです.

 

先輩, あの薬ってどれくらい病気を治せるんですか?」

 

…新人くんの, 真摯な疑問に対して, これはしっかり応えようと思ったあなた.
「それなら, ここできっちり論文検索をしてみよう!」と一緒にPubMed検索をしてみました.
すると, 当該疾患・薬剤についての報告をすぐに見つけることができたので,
その場で早速読んでみることにしました.

 

患者情報:
初発のメニエール病を発症した40代女性
現病、既往、併用薬は今の所無し

 

【JJCLIP】メニエル病は薬でどこまで治せるの? | hidex公式ブログ『はぐれ薬剤師のココロ』より引用

 

どうやって効くかを知るより、どの程度効くかを知ることのほうが重要ではないか?
…とわたしは思います。
ただ患者さんも、言われれば確かにそうだけど、そんなこと今まで説明してくれた人いないから考えたこともなかったっていうのが正直なとこじゃないでしょうか
(薬剤師もかも)

 

それではシナリオの疑問を定式化していきます。

 

P メニエール病の40代女性

 

E メリスロンRの投与

 

C なにも投与しないのと比べて

 

O メニエール病がどの程度よくなるか

 

この患者の、治せるんですか?というのが一体どういった解釈をしているのか、これは知りたいポイントですね。
ここがずれてしまうと、医療者側のひとりよがりになってしまいますからね。
というわけで、疑問をPECOりましたが、患者の'「治る」という解釈にのよって変更ありですね。

 

それではお題論文です。
Efficacy and safety of betahistine treatment in patients with Meniere's disease: primary results of a long term, multicentre, double blind, randomi... - PubMed - NCBI

 

あれっ思ったより最近ですね。
メリスロンR(一般名が長いから商品名で失礼)って昔からある薬だから、もっと昔にエビデンスが出ているのかと思っていました。
ざっくりと要約していきます。

P どんな人に

 

 

E どんな介入を

 

 

C 何と比較して

 

 

O どんな項目で評価

 

 

T 試験デザイン等
準備中

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
スポンサードリンク

【コメントの投稿の仕方について】
  このサイトでは、「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っています。
  ツイッターやフェイスブックなどにアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールでコメントすることが出来ます。
  なんのアカウントもない人もメールアドレスさえ入力すればコメントできます。
  (入力したメアドはコメント投稿には表示されません。)
  また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。

ひと言コメントや、記事の質問や感想など お気軽にお書きください。
  なにか書いていただけると管理人が嬉しがります。