JJCLIP31 風邪薬を服用していると認知症になりやすいのでしょうか?

更新日時 2017/08/01 23:52:57

薬剤師のジャーナルクラブ第31回

JJCLIP31 風邪薬を服用していると認知症になりやすいのでしょうか?

 

風邪薬を服用していると認知症になりやすいのでしょうか?

風邪薬には抗コリン作用をもつ薬が含まれることが多いです、それの使用が一体いかなる影響を及ぼすのか・・・
シナリオをみてみましょう。


 

あなたは, とある街の薬局に勤める薬剤師です.
梅雨上がりの夏本番, 気温も上がり, 脱水症状対策のチラシを補充しようかなと考えていたら,
一人の女性があなたに相談にやってきました.

 

「この間の週刊誌に, “薬でむしろ認知症になる!”なんて記事を見かけて以来, どうも不安で…私の飲んでる薬なら大丈夫なのかしら?」

 

[患者情報]
67歳女性
軽度な過活動膀胱で5年前より治療中
特に大きな病歴もなく, 軽い運動もしている(自己申告)
ただ近医への定期受診時に, 「風邪を引いた時のために」と総合感冒薬が数日分だけいつも処方されている

 

rp)
コハク酸ソリフェナジンOD錠5mg 1錠 分1朝食後

 

プロメタジン1.35%等配合非ピリン系感冒剤 4g 分4毎食後および就寝前

 

あなたは, 週刊誌の情報が本当に正しいのか調べてみたところ,
抗コリン作用薬と認知症発症に関する一つの論文を見つけることができたので,
早速, その場で読んでみることにしました.

 

JJCLIP_#35 風邪薬を服用していると認知症になりやすいのでしょうか? - クスリのよろず屋「雅 (Miyabi)」の見立てより引用

 

認知症、それは現段階の医療では治すことができない疾患のひとつです。
ただ3分の1程度は予防できるというデータもあったりします。
では今回の疑問を定式化していきましょう。

 

P 67歳女性に対して

 

E 抗コリン作用のある医薬品の使用が

 

C 抗コリン作用のない医薬品の使用と比較して

 

O 認知症リスクを増やすか?

 

こんな感じですかね。
あまり関係ないですが、PL顆粒って分4が一応添付文書上ですが、分4で処方されるケース多いですか?
私の周りでは分3ばっかですが…(どうでもいい)
ではお題論文です
Cumulative use of strong anticholinergics and incident dementia: a prospective cohort study. - PubMed - NCBI

 

内容を要約していきます。

 

P どんな人に

 

 

E どんな介入を

 

 

C 何と比較して

 

 

O どんな項目で評価

 

 

T 試験デザイン等

 
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
スポンサードリンク

【コメントの投稿の仕方について】
  このサイトでは、「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っています。
  ツイッターやフェイスブックなどにアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールでコメントすることが出来ます。
  なんのアカウントもない人もメールアドレスさえ入力すればコメントできます。
  (入力したメアドはコメント投稿には表示されません。)
  また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。

ひと言コメントや、記事の質問や感想など お気軽にお書きください。
  なにか書いていただけると管理人が嬉しがります。