JJCLIP37 小児喘息患者へのNSAIDs投与は安全?

更新日時 2017/08/02 0:09:55

薬剤師のジャーナルクラブ第37回

喘息小児にNsaids

 

小児喘息患者へのNSAIDs投与は安全?

小児にはアセトアミノフェンが基本、ましてや喘息患者NSAIDsなんか使用したら、アスピリン喘息のリスクが…
と思いますが、シナリオみていきましょう。


 

あなたは,とある街の薬局の管理薬剤師さんです.
今年度から当薬局にて研修を始めた新人薬剤師さんから,次のような質問を受けました.
「つい先ほど,お子さんの薬の服薬指導を担当したのですが,どうもうまく対応できなくて困ってしまったんです」

 

経緯:
喘息の現病のある8歳児の発熱に対してイブプロフェンが処方された母親への対応で苦慮
39℃の発熱.ただそれ以外に特記すべき症状・兆候はなし.
以前,アセトアミノフェンではイマイチ熱が下がらなかったとDr.に話したら,薬剤を変更して様子をみましょうと説明を受けた.

 

「ただそのお母さまが言うには,”この薬,ネットで調べると喘息を悪化させるかもしれないものだそうじゃないですか?!うちの子,そんな薬を飲ませて丈夫なの?!!」って凄まれて,どう答えていいか迷ってしまったんです.
うまく説明ができなくて…,もしかしたらあのお母さん,お子さんに薬飲ませないかもって思って不安で…
○○(あなたの名前)さん,どう思います?」

 

あなたは,喘息の現病歴を持つ小児へのイブプロフェン投与に対して,それが本当に妥当なのかPubMedで論文検索をしてみたところ,小児喘息患者の発熱に対するアセトアミノフェンとイブプロフェンの効果を検証した報告を見つけることができましたので,その場で新人さんと一緒に読んでみることにしました.

 

JJCLIP_#43 小児喘息患者へのNSAIDs投与は安全なのでしょうか? - クスリのよろず屋「雅 (Miyabi)」の見立てより引用

 

あ〜なかなか悩ましい症例ですね…
アセトアミノフェンで熱が下がらない、なら違うくすりにしてみようというところですが…このあたりの妥当性でしょうね。
この熱は下げなきゃいけないものなのか?
これがキーワードになるような気もします。
それでは疑問を定式化していきます。

 

P 喘息持ちの8歳の発熱患者

 

E イブプロフェンの投与が

 

C アセトアミノフェンの投与に比べて

 

O 喘息症状を誘発せずに発熱症状を緩和するか?

 

こんな感じですかね?
ちなみにこのJJCLIPの際に知ったんですが、アセトアミノフェンは喘息症状を誘発するというエビデンスがあるみたいですね。
それではお題論文です。
Acetaminophen versus Ibuprofen in Young Children with Mild Persistent Asthma. - PubMed - NCBI

 

それでは要約していきます。

 

P どんな人に

 

 

E どんな介入を

 

 

C 何と比較して

 

 

O どんな項目で評価

 

 

T 試験デザイン等

 
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
スポンサードリンク

【コメントの投稿の仕方について】
  このサイトでは、「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っています。
  ツイッターやフェイスブックなどにアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールでコメントすることが出来ます。
  なんのアカウントもない人もメールアドレスさえ入力すればコメントできます。
  (入力したメアドはコメント投稿には表示されません。)
  また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。

ひと言コメントや、記事の質問や感想など お気軽にお書きください。
  なにか書いていただけると管理人が嬉しがります。