その他の論文抄読回

更新日時 2017/09/13 23:19:14

その他の論文抄読回

 

ゾルピデムは統合失調症あるいは躁うつ病に伴う不眠症には効かないの?

 

記念すべきAHEADMAP関東支部の論文抄読会の第1回ですね。
JJCLIP同様に、ツイキャスにて内容を配信するようです。

 

ツイキャス配信日時:平成29年9月17日(日曜) 21時30分頃を予定しているようです。
配信はこちらからのようです。


AHEADMAP関東支部 (@AHEADMAP_kantou) さんのライブ - ツイキャス

 

それではシナリオです。


 

ある町の薬局にて、
午前中の診療が終わった頃、近くのクリニックのドクターから電話があり、こんなことを聞かれました。
「統合失調症の患者さんで寝つきが悪いって言うんだよね。高齢だけど自立歩行できるからなるべく転倒のリスクの少ない睡眠薬にしたいなと思って、それで非ベンゾジアゼピン系のゾルピデムとかゾピクロン、エスゾピクロンを使おう思ったんだけどゾルピデムは適応外なんだね。なんで同じ系統なのに適応が違うのかな。ゾルピデムは適応に入ってないから効果は無いのかな? ゾピクロン、エスゾピクロンなら大丈夫なの? 」

 

データが無かったため午後の診察が始まる前にお答えすることでその場は電話を切りました。
確かにゾルピデムの添付文書の使用上の注意に「なお、統合失調症あるいは躁うつ病に伴う不眠症には本剤の有効性は期待できない」の文言はあるがゾピクロン、エスゾピクロンには無い。

 

<患者情報>
現在76歳、女性。
28歳頃から無気力、引きこもりがち。47歳頃から幻聴、被害妄想が出現し統合失調症と診断される。
家族歴、既往歴に特記すべきことなし。
現在の処方:オランザピン 1日2.5mg、センノシド1日12mg、パロキセチン1日10mg。

 

第1回AHEDMAP関東支部抄読会配信のお知らせ 〜〜添付文書の???(謎)〜〜 - AHEADMAP関東支部より引用

 

実際にあるかといわれると、わたくしは精神疾患の処方せんを応需することがないので不明ですが、とりあえずシナリオの疑問を定式化していきましょう。

 

P 統合失調症の不眠傾向のある76歳女性

 

E ゾルピデムの使用

 

C ゾピクロンもしくはエスゾピクロンの使用

 

O 不眠症状の改善に有効か?

 

こんな感じですかね、アウトカムに転倒の差についても考えてもいいんじゃないかなと思います。

 

じゃあこの疑問に対する答えを見つけるためには、どんな論文を探して読めばいいのだろうか?と考えると、統合失調症の患者に対してゾルピデムとゾピクロン(エスゾピクロン)を投与して有効性を比較した文献があるのが望ましいのですが、残念ながらそんな都合のいい論文はありません。
ないなら、わからないでいいじゃないかと思うかもしれませんが、そこは我々薬剤師、学校で学んだ薬学の知識をフルで活かすチャンスだと思います。

 

ここで私が尊敬する薬剤師の一人、拝乳桑原先生のブログの内容を引用したいと思います。

 

Q:エビデンスを探したり読んだりする時間がないので実践できません

 

A:完璧なエビデンスがどこかにあると思っているんじゃないですか?それ以外の弱々しいエビデンスではEBMを実践できないと思っているんじゃないですか?
実際には誰がやっても100%適用できて全く判断が分かれないようなエビデンスなんてどこにもありません。
臨床で真摯に仕事してる薬剤師は皆忙しいわけですから、時間が無いなら無いなりに探して読むことができた精一杯のエビデンスは、例え最高の環境で検索できている熟練のEBMerに「中途半端なエビデンスだ」と言われようが、それはあなたが現場に適用できる最高のエビデンスであるということができます。
もちろん、慣れることで効率よく探して読むことができるようになるほど、現場に適用できるエビデンスの質が上がることは言うまでもありませんが、「現在利用可能な最高のエビデンス」というのは時間や環境の制約も織り込んだものです。

 

薬剤師がEBMを実践することに対するFAQ | hidex公式ブログ『はぐれ薬剤師のココロ』より引用

 

今回のお題論文は、シナリオの疑問に対してズバーンと解決してくれるような論文ではあります。
そのような中で、薬剤師がどう考え、どのような対応をするのか感じとって頂ければ幸いです。

 

お時間がありましたら、ご参加よろしくお願いいたします。
ツイキャス配信日時:平成29年9月17日(日曜) 21時30分頃を予定。
配信はこちらから。


AHEADMAP関東支部 (@AHEADMAP_kantou) さんのライブ - ツイキャス

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
スポンサードリンク

【コメントの投稿の仕方について】
  このサイトでは、「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っています。
  ツイッターやフェイスブックなどにアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールでコメントすることが出来ます。
  なんのアカウントもない人もメールアドレスさえ入力すればコメントできます。
  (入力したメアドはコメント投稿には表示されません。)
  また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。

ひと言コメントや、記事の質問や感想など お気軽にお書きください。
  なにか書いていただけると管理人が嬉しがります。