飲ませるのが仕事でしたっけ?

更新日時 2017/08/27 16:20:41

飲ませるのが仕事でしたっけ?

 

今回の記事のように
コンプライアンス不良⇒良好にすればOK、以上
みたいな発表、多くないですかね…

 

必要なくすりをきちんと飲んでもらう介入はとてもいいと思いますよ。
ただ飲めていないから、飲んでもらうようにしました。だけじゃダメですよね。

 

ファーマシューティカルケアとは、患者に「QOLを改善する」という明確なアウトカム(治療の成果)をもたらすために、責任をもって薬物治療を提供することである。

 

コンプライアンスを良好にすることは、手段であって、目的ではないですよね?
この飲ませるのが仕事になっていませんか?の亜種に
腎機能を考慮して投与量を調節しました、以上。みたいなのもありますよね…

 

目的はあくまで患者のQOLの向上および維持、ここを意識しない介入なんて薬剤師の自己満足に過ぎないかもしれません。
薬剤師はSOAPで薬歴書くときに、Aが書けないということをよく聞きますが、なんかこの飲ませるのが仕事になっているのと通じるものがあるようなきがしますがどう思いますか?

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
スポンサードリンク

【コメントの投稿の仕方について】
  このサイトでは、「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っています。
  ツイッターやフェイスブックなどにアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールでコメントすることが出来ます。
  なんのアカウントもない人もメールアドレスさえ入力すればコメントできます。
  (入力したメアドはコメント投稿には表示されません。)
  また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。

ひと言コメントや、記事の質問や感想など お気軽にお書きください。
  なにか書いていただけると管理人が嬉しがります。