冷えピタや熱さまシートは効果なし?

更新日時 2018/01/21 22:57:32

 

こどもの発熱時に冷却ジェルシートは有効?

薬局、ドラッグストアに冷えピタ、熱さまシートといった商品名で販売されている冷却ジェルシートは効果があるのでしょうか?
おでこに貼っても熱を下げる効果はないから、使う必要なしと思っているひとも多いのではないでしょうか。

 

今回は、その冷却ジェルシートは有効なのか、そして子どもの発熱についてもすこし考えてみようかなと思います。

 

スポンサードリンク

 

冷却ジェルシートは体温を下げるのか?

冷却ジェルシートを額に貼ることで、熱を下げる効果は期待できません。
額を冷やすことより、わきやももといった太い血管が走っている部位を冷やしたほうが効果的と言われています。

 

ただ熱を下げない=効果がないといっていいのでしょうか?

 

 

こどもの熱を下げる意義は?

そもそも子どもの熱は一体何のために下げるのでしょうか?
学校に行くためや保育園に預けるといった理由もあるかもしれませんが、私としては症状を緩和するために熱を下げたいと思っています。

発熱時の悪影響

だるさ、不機嫌、食欲低下、多汗、脱水、不眠、痛み

あと、勘違いしているかたもいるかもしれませんが、解熱剤で熱をさげても早く治るわけではありません。
また解熱剤を使ったからといって、症状が長引くわけでもありません。

 

補足:それって発熱?

発熱についてはツッコミ入るかもしれないので、簡単に紹介しておきます。
37℃ちょっとで熱があると判断するかどうかは、こどもの年齢や時間帯、普段の平熱、そして体温の測定方法でも変わってきます。

 

 

まとめ

発熱している子どもに対して、熱を下げる目的はあくまで発熱に伴う不快な症状を緩和することです。
なので熱を下げることが出来なくても不快な症状を緩和できるのなら、その行為は無意味ではありません。
母親のつきっきりの看病をしても熱をさげるわけではないから、無意味なんて思いませんよね?

 

治すことはできないけれど、癒すことはできる、そこにはきっと意味があると思います。

 

もちろん赤ちゃんへの使用で窒息、かぶれや本人が嫌がるといったことには考慮すべきですが、解熱効果がないから冷却ジェルシートは効果なしと評価されてしまうのは嫌だなと思います。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
スポンサードリンク

【コメントの投稿の仕方について】
  このサイトでは、「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っています。
  ツイッターやフェイスブックなどにアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールでコメントすることが出来ます。
  なんのアカウントもない人もメールアドレスさえ入力すればコメントできます。
  (入力したメアドはコメント投稿には表示されません。)
  また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。

ひと言コメントや、記事の質問や感想など お気軽にお書きください。
  なにか書いていただけると管理人が嬉しがります。