更新日時 2018/11/07 9:34:10

【おすすめ書籍】反ワクチン運動の真実: 死に至る選択

反ワクチン運動の真実: 死に至る選択

読者ターゲット 価格 総合評価
一般及び医療者 3024円

補足説明

ポール・オフィット先生の書籍です。
この先生と訳者のナカイサヤカさんの本には、代替医療の光と闇 ― 魔法を信じるかい?もあり、こちらも読んだことありますが面白かったです。

 

冒頭にポール・オフィット先生から日本のHPVワクチンの接種推奨を行わないことについてのメッセージもあり、価値があります。
私自身も、日本が過去にワクチン推奨をストップし、その後流行が起き死者をだしてしまったことがあるなんで知りませんでした。

 

その他にも、天然痘のときにすでに反ワクチンの人たちは存在していたなどの歴史が知ることができ、とても視野が広がったように感じます。

 

いまひとつな点としては、ボリュームが多く読むのが大変(面白いんですが、医療者としては溜息をつきたくなることが多いので疲れます)
一般の方にも読んでほしいですが、すこし値段も高いうえ、内容も読みにくいのではないかなと感じます。

 

医療関係者は是非とも読んでほしい
スポンサードリンク