更新日時 2017/12/07 0:30:29

 

小児の処方せんが多く来る薬局では、この質問、一度はされたことある方多いんじゃないでしょうか?

処方せんの備考欄にある6歳という表記を見たら、保護者としては「あれっうちのこ、まだ6歳じゃないけど、おくすりの量、大丈夫かな?」と心配しますよね。
あえて、教える必要もないと思いますが、患児家族に質問された際は、スムーズに回答できるようにしておく必要がありますからね。

スポンサードリンク

 

では何故6歳と書かれているのか?

ふむふむ、処方箋の備考欄の6歳という記載は、患者の年齢を表しているわけではないことはわかった。

 

では一体何故6歳ではないのに、6歳と記載されているのだろうか?

 

これはズバリ…

 

保険上の問題である!!

 

おそらくこのブログを読まれている読者の方の多くは医療費は3割負担だと思いますが、6歳以下(厳密は未就学児)はなんと医療費は2割負担なのです。(ドーン!!)

 

 

という今回は豆知識でした。

 

スポンサードリンク